お気軽にご相談ください!
06-7492-3417
相談・見積り無料!【受付時間】9:00~18:00
お問い合わせフォーム
塗装に関するその悩み・・・ペイントスタッフが解決します!

今まで対応してきた報告書の例> 報告書の例一覧へ

散水試験報告書例1

RC造スラブ上にカバー工法屋根を施工し雨漏り、散水しても浸出に時間が必要。

散水試験報告書例2

RC造集合住宅の雨漏り多数。

散水試験報告書例3

地方の古い木造建物の雨漏り多数。

散水試験報告書例4

大規模リフォーム工事後の雨漏り多数。

散水試験報告書例5

木造住宅の大規模改修工事の途中、職人から雨漏りしているのでは?

散水試験報告書例6

デザイン重視の木造住宅で雨漏り。

雨漏りを撲滅させたい

雨漏りに悩む人は本当に多くいます。施工業者の知識不足で、雨漏りする建物を建設してしまい、解決できずに悩む場合があります。リフォーム業者で雨漏りを解決できずに悩む場合もあります。私は、技術者として雨漏りを撲滅させたいと考えております。

雨漏りを補修する場合に、雨漏りの"浸出口"だけではなく、"浸入口"全部を見つけなければなりません。この"浸入口"の調査は素人にはできません。見つけきれない状態で補修しても雨漏りが再発します。

雨水の浸入口の候補は、私どもなら仮説として大体推定できます。仮説を立て散水試験を確実に実施して、その部位が雨水の浸入口であることを証明していくことになります。原因を立証しなければなりません。

ただし、雨水浸入口を確実に全箇所見つけることは難しいです。

雨漏り紛争サポートに加盟しているメンバーは、それぞれが雨漏り原因の究明・補修工事を生業にしている雨漏り関係の専門家です。専門ではありますが、それでも解決には苦労しています。100%解決できていないのが現実です。

一言で言えば雨漏りは難しいということです。残念ながら、雨漏り再発という失敗経験も数多くあります。失敗経験を重ねるごとに、より早く解決につながっていくことも事実です。

再発した場合は、再度原因を調査し止まるまで対応する。これが私どもの活動です。

お問い合わせ

雨仕舞のツボ

雨漏りのメカニズム

知って得する雨漏り対応の知識

番外編